Nritya Angan

Nao Tsutsumi official web site

Nritya Angan

オンラインWSに参加しました!


またしても同じタイトルですが、今回は師匠であるクムディニ・ラキア先生から、アビナヤを学びます。
アビナヤ(Abhinaya)とは表情や仕草で、感情や物語を表現する技術です。カタックではよくクリシュナ神のお話が語られます。

ノートを整理するために改めて動画を見返していたのですが、師の活き活きとしたチャーミングな表現は、モニター越しにも瑞々しい気持ちが伝わってくるようです。

日本ではよく、表情を作ったりお芝居のような動きをするのが恥ずかしいと言う人もいるのですが、私はアビナヤは大好きなのです!(私がクミベンに褒めてもらえる数少ない要素のひとつです!)
外国人としてアビナヤを学ぶのは大変なことです。まず題材となる詩が分かりません。これは私の語学力が不足しているせいでもあります…特にカタックの演目としてとりあげられる詩は言いまわしが古風だったり、韻を踏むために独特な表現がされていたりします。(日本の古典文学も同じですよね。すべて読み解けたら、どれだけ美しい文章だろうかと思います)という訳で、まずは何が歌われているのかを知らなくてはなりません。
そして内容が分かってきたら、その物語をどう表現するのか。カタックのアビナヤは日常生活に基づいたナチュラルな仕草が中心となっていますが、日本とインドでは生活様式やジェスチャーが異なることも多いです。見た目だけをマネしても、実のある表現には結び付きません。

リアリティを持って表現するにはどうするか。
インドの物語を、日本の皆さんに分かりやすく伝えるにはどうするか。
さらに神様への信仰を表現するには…。
これまでの人生経験と想像力をフル活用して、自分なりの世界を練り上げていくのは大変ですが楽しい作業です。

今回のWSでは表現のバリエーションに加えて、踊り手としての心構えやあり方についても、たくさんお話してくださいました。
じっくりとお話が聞けるのも嬉しくて、充実した豊かな時間となりました。企画してくれたKadambの皆は本当にありがとう!

舞台により輝く花が咲くように、日頃からいろんなことに耳を傾け、感じて、触れて、糧としたいですね。

太極拳も修行中です。

先日、太極拳の審査を受ける機会をいただきました。
ここしばらく審査とインド滞在のタイミングが重なることが多く、気付けば前回の中伝の審査から約6年も経っていました!
楊玲奈先生から奥伝のお免状を受け取り、次の指導員の審査に向けて身の引き締まる思いです!
(通常は中伝から1年で奥伝の審査が受けられます)

お免状には楊名時先生のお言葉が記されています。
奥伝のお免状には
「世上無難事 只怕有心人」
(心を定めて努力さえすれば、難しいことは何もない)
太極拳に限らず、いろんなことに繋がる言葉ですね。
もちろん私ひとりで努力してきた訳ではなく、玲奈先生をはじめ、素敵な先輩方に常に支えられています。いつもありがとうございます!

指導員に向けて学ぶことは沢山あります。そして晴れて指導員になると、よりレベルの高いお稽古にも参加できるようになります。
カタックの助けになればと始めた太極拳でしたが、お稽古を続けるほどその奥深さや雄大さに気付かされます。まったく異なるように見えて通ずることも多く、相互に助け合い、影響を与えながら、より豊かな世界が広がるようです。

カタックも太極拳も学ぶことに終わりはないですね!

出演のおしらせ

Thank you very much to Indira Gandhi Cultural Centre, High Commission of India, Dhaka and ICCR.
I’m honored to join Azadi Ka Amrit Mahotsav.

Pranam to my guru Kumudini Lakhia ji and seniors of Kadamb Centre-for Kathak-Dance.

Date:- 21 May 2021
Time:- 07:00 pm (IST) 10:30pm(JST)

www.facebook.com/IndiraGandhiCulturalCentre/

急遽バングラデシュよりお声がけいただきました。
短い時間ですが、ご縁をいただきICCRの仲間たちに混ざり参加いたします。

5月21日 日本時間では夜10:30から。
(ちなみにBSTはバングラデシュ時間ですのでご注意ください)

グングルが届きました!

グングルって何だ??と思われるかもしれませんね。
カタックはもちろん多くのインド舞踊に必要なものです。さて何でしょう!


正解はこちら↓

足首に巻く鈴のことです。
日本語表記だとグングルまたはグングルーなどと書きます。

ソロ公演Nritya Angan アトリエ第Q藝術
ほんとだ巻いてる!

小包はアーメダバードからロックダウンの合間を縫って発送していただき、おみやげ付きで無事到着!
おかげで教室の生徒さんにも、ようやくグングルを渡すことができました。新しいグングルはぴかぴか輝いて綺麗ですね。
これを片足100個ずつ、合計200個を長い紐に編み込んで使用します。(子供や初心者は少な目、男性や筋力トレーニングに多めに巻くこともあります)

元気に楽しく踊れますように。
日印双方から応援してくださる皆さん、本当にありがとうございます。

+++
インドの状況はさらに深刻となっています。この数ヶ月で多くの著名人や友人が羅漢し、そのなかには残念ながら死に至るケースもありました。
本当に残念でなりません。心よりご冥福をお祈りいたします。




オンラインWSに参加しました!

3月23日から27日の5日間はKadamb主催のオンラインワークショップに参加しました。
今回はなんと師匠Kumudini Lakhia先生の指導が受けられ、充実した時間を過ごしました!

画面越しとは言え、師匠の姿を見て、声を聴いてのワークショップは身が引き締まる思いです。基礎はもちろん、アドバンスのコンポジションや言葉の意味なども教えてくださり貴重な機会となりました!
ちょっとした仕草や聞かせてくれる豆知識なども面白く、日本にいながら素晴らしいレッスンが受けられるのは本当に嬉しいことです。

期間中はインドのみならず日本、アメリカ、ドイツ、オランダ…などなど世界中から約100名もの参加者が集まりました。
そのなかには進学や就職・結婚などでKadambがあるAhmedabadを離れたり、私と同じように海外から学びに来ていた友人たちなど懐かしい顔ぶれもあり、嬉しい再会にも恵まれて本当に素敵な機会でした!

こうしてそれぞれの場所から一緒にレッスンを受けたり、再会を喜ぶ機会を設けてくれたKadambの皆には本当に感謝です。
実際に会いに行くにはもう少し時間がかかりそうですが、日本にいるから経験できる「いつもと少し違う学びのかたち」にも面白いことが沢山ありますね。

オンラインWSに参加しました!

1/22から26まで、5日間連続で開催されたオンラインでのカタックワークショップに参加しました!
敬愛する我が学び舎KADAMBが主催し、講師はこれまた尊敬してやまないGauri Diwakarさんでした。

例年であれば今頃はアーメダバードに滞在して公演のリハーサル等で忙しくしているはずですが、この冬は日本でできる事を模索する毎日…ちょうど、鍛錬のためにもハードな練習漬けの日々が恋しいなと思っていたところでした。

Gauri Didiは力強さと同時に、正確さと繊細さを併せ持つ素晴らしい踊り手です。基礎の正確さは古典芸能においてもっとも重要な要素ではありますが、難しい表現のなかでも妥協せずに行う事は決して容易ではありません。Gauri Didiの踊りは私もお手本にしたい、するべき1人だと思っています。

そんなGauri Didiのワークショップに初めて参加させてもらったのが去年の2月。KADAMBの公演でご一緒させていただき、ご厚意で急遽レッスンを行ってもらえる事になったのでした。あのときの感激は今でもよく覚えています!

Workshop by Gauri Diwakar ji Kadamb,2020

そして1年後。こうしてまたワークショップの機会を設けてくれたKADAMBの皆と、師匠クミベンには感謝しかありません。
オンラインでレッスンを受ける難しさはありましたが、久しぶりにインドの熱い風を感じて必死な5日間でした!Gauri Didiの素敵な言葉の数々を胸に留めて、教えていただいた曲を爽快に踊りこなすにはもう少し時間がかかりそうですが、近いうちに皆さんにお披露目できるように準備して参りますのでどうぞお楽しみに!

そして画面越しに再会した友人たち。元気そうで本当に嬉しいです。
インドでは公演活動が再開した様子で、オンライン配信時に観客の歓声が聞こえるようになりました。
私もまた皆と共に舞台に立つ日が楽しみです。置いていかれないように頑張らないと!

Taichi + Kathak

私が楊名時先生の太極拳をカタックに取り入れているのは、ちょいちょいお話ししていますし、レッスンのご案内ページにも記載しているのでご存知のかたもいると思います。
とは言え、ちょっとした体の使い方だったり、ニュアンスをピックアップして取り入れることがほとんどなので、どこが太極拳なの?と思う方も多いかもしれません。

そこで試しに太極拳とカタックの動きを分かりやすく組み合わせた動画を撮ってみました。二十四式より雲手、単鞭のカタック風味です。
普段はここまであからさまに動くことはありませんが、そのぶんシンプルに伝わるかなと思います。

二十四式の動きは深呼吸と腰を落としたゆったりとした動作で心身を整えるのは勿論のこと、舞踊家の観点からも無駄のない洗練された動きだなと感じます。そのなかでも「太極の華」と呼ばれる雲手と武術らしい手の単鞭を舞踊風にアレンジしてみました。

レッスンではウォームアップとクールダウンで立禅や八段錦を行っていますが、ゆくゆくは二十四式の前半くらいまで行いたいなあと長期計画を練っています。
興味のある方はぜひ川崎のお教室を覗きに来てくださいね。

2020年も大変お世話になりました!

まずは、突然のお知らせにも関わらず、27日にFacebookで配信されたパフォーマンスをご覧くださった皆さん。遅い時間にありがとうございました。

主催のICCR Gujaratは私が2015年から17年まで留学していた際に、奨学金や生活面でのあれこれ等をサポートしてくださっていた機関です。
当時お世話になった職員の皆さんや、各国留学生たちとは今も交流を続けていて、今回このような形で出演オファーをいただきました。本当に有難いことです。

当日の配信は上記よりご覧いただけます。
(もしくは https://fb.watch/2J8t3k261q/ からご覧ください)

インドではまだ公演活動の再開は難しいようで、そのため多くの踊り手や演奏家がオンラインでの公演活動やワークショップを開催しています。
そのおかげで(と言うのは変な気分ですが)日本にいる私にも度々出演の依頼が届き、フェスティバルなどに参加させていただいています。

カメラに映る範囲を気にしながら、さらに配信中にトラブルが起こったらどうしよう…!などと不安に思う事もありますが、世界中どこからでも、後からアーカイブで見ることもできる配信の便利さもあり。この状況だから経験できたこと、考えたことも多い一年となりました。

4月に新型コロナウイルスの影響でロックダウン真っ最中のインドから、友人たちにサヨナラも言えずに帰国し、日本の状況とのあまりの違いにショックを受けて落ち込んだりもしましたが。そのたびに声を掛けてくださり、オンラインでのいろんな活動に誘ってくださり、対面での活動も徐々に再開できるようサポートしてくださったのは皆さんでした。
1人でしょんぼりと帰ってきたようで、実は友人、知人、先生方や先輩方、そして家族にも囲まれ、さらには自分のカタック教室をスタートさせて少ないながらも来てくれる生徒さんがいて…あれ、私にとっては意外と充実した1年だったんじゃないか?

こうして大晦日に1年を思い返してみると、なんて人との繋がりが有難く支えとなった日々だったことでしょう。皆様には感謝しかありません。
この御縁がさらに広がっていきますように。そして少しずつ皆さんにもお返しできますように。

どうぞ健康で穏やかな新年を迎えられますように。
2021年もよろしくお願いいたします。

Nritya Angan
堤 菜穂

Facebook live streaming

ICCR Gujarat のフェイスブック オンライン配信に出演いたします。

今晩12/27 日本時間では夜の11時開始予定です。

急なお知らせですが、よかったらご覧くださいね。

カタック体験講座 ご参加ありがとうございました!

11月29日、12月4日の2日間で開催いたしました千葉市美浜文化ホールでのカタック体験講座が無事に終了いたしました。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!

なんとも可愛らしい参加者さん(!)も含め、この日がダンスは初めてという方も少なくありませんでした。ですが限られた短い練習時間にも関わらず、発表会での堂々とした姿がすばらしかったです。
初めてのカタック、初めてのインド音楽、初めてのインド服…と戸惑ったりはしゃいだりの2日間。皆さんが笑顔で帰宅されるのを見送って、私もホッと一息ついたのでした。

習いごと応援キャンペーンにお誘いくださり、きめ細やかにサポートしてくださった千葉市役所の久保さん、そしてPRにご協力くださった検見川の印度料理シタールさん、どうもありがとうございました!

講座に参加してくださった皆さんも本当にありがとう。
またの機会にご一緒できますように!