Nritya Angan

Nao Tsutsumi official web site

Nritya Angan

近況

暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
日頃のカタックと太極拳のお稽古で、私も体力はあるほうだと思うのですが…さすがにこの暑さと湿気はしんどいですね。

さて今年もあっという間に7月になり、インド界隈も野外イベントや公演のお知らせで賑やかになって参りました。
私もいくつか準備を進めている案件がありますので、発表が可能になり次第お知らせいたします。どうぞお楽しみに!

Nritya Anganとしては冬に生徒さんたちの発表会を行うべく、構成を練っているところです。中島さち先生の繊細でクリーンな身体表現と、クムディニ・ラキア先生の優雅でユニークな構成を生徒さんの演目にどう盛り込むか。頭を悩ませつつも楽しい作業です。
こちらも詳細が決まり次第お知らせいたします。

そしてよみうりカルチャー川崎のカタック講座がスタートから半年が経ちました!ありがとうございます!
月2回の講座ですので進みはゆっくりですが、タタカールやチャッカールのリズムが体に馴染んでくる様子が感じられて嬉しいですね。楽しく、長く続く講座になるよう工夫していきたいですね。

Nritya Anganもよみうりカルチャー川崎も、生徒を募集しています!
体験も可能ですので、ぜひ一度お気軽にご参加ください。

5/12レクチャー公演 ご来場ありがとうございました!

5/12日曜 横浜中華街にあるシルクロード舞踏館にて、カタックレクチャー公演を開催いたしました。
ご来場の皆様、ありがとうございました!

カタックはインド舞踊のなかでも自由度の高い、柔軟性に富んだ舞踊ではありますが、それでも古典芸能としての様式美や約束事は存在します。
それらの豆知識を少し知っていただくことで、カタックをもっと楽しんで見てもらいたい!いっそのこと分からないことを全部質問してください!と始めたレクチャー公演。たくさんの質問をいただきありがとうございます!

二回目となる今回は「意味のある踊り、意味のない踊り」をテーマに演目を見比べていただき、混乱しやすい構成や表現などを中心にお話しました。
そこに物語があるのか無いのか、それが整理されるだけでもだいぶ演目が見やすくなったと思います。

初めてカタックを見るかたにも、できるだけ分かりやすいようにお話したつもりですがいかがだったでしょうか?
小さな疑問から大きな疑問まで。どんな点が分かりにくいのか、そして興味を持っているのか、皆さんからいろんなお話を聞くことで私も勉強になります。(もちろんその質問にお答えできる自分でいなければなりません)

レクチャー公演は今後も続けて行く予定です。
例えば美術館で借りられるイヤホンガイドのように、カタックを見る皆さんの助けになれたら良いなと考えています。
もちろんイヤホンガイド無しで絵画を見ても楽しめますが、ガイドで絵の題材や制作背景について聞くと、その作品への理解や世界観が深まる。そんなイメージです。

質問の内容が分からなかったのでもう一度聞きたい、このトピックについて解説して欲しい等のご要望がありましたらぜひお聞かせください。
素朴な疑問も大歓迎です!
カタックのこと、皆さんにもっと知ってもらえたら嬉しいです!

楊名時太極拳 準師範になりました!

楊名時太極拳 準師範のお免状をいただきました!
楊玲奈先生をはじめ、素敵な先生方と先輩方に見守られながら「準師範に列する」と書かれたお免状を受け取り、改めて身の引き締まる思いです。

無理のない自然な体の動き方や考え方に学ぶ場面も多く、踊りと別の視点を持てたことは私にとって大きな助けとなっています。
それでいて共通することもたくさん発見し、自分のなかでうまく織り交ぜて理解や世界観を深める楽しみもあり、何事も突き詰めると本当に奥が深いですね。太極拳を始めようと思った自分を褒めてあげたいです。

とは言え達人にはほど遠く、悩みながら一喜一憂のお稽古です…。気負わず、どことなく無意識でも清々しく動けるようになりたいです!

こちらのレクチャー公演も日にちが近付いてきました!
当日はカタックについて、皆さんと色々お話したいと思いますのでお楽しみに!

75th ICCR Foundation Day

4月8日 千鳥ヶ淵の桜が満開のこの日、インド大使館にて75th ICCR Foundation Dayのセレモニーが開催されました。
私も2015年度のICCR奨学生として招待状をいただきましたので出席してきました。

当日は来日していたマニプリ舞踊団のステージもあり(昨年は私も出演させていただきました)今年はのんびり見るつもりでいたのですが、予想外なことに名前を呼ばれステージへ…!
もっと綺麗な服で来れば良かった…とドキドキしながら、Sibi George大使と、VCCダイレクターのKanika女史から素敵なギフトをいただきました!

いただいた大判のストールは刺繍でずっしりと重く、美しさと同時に身が引き締まる思いです。
カニカさんがパンジャブ地方の出身だからと選んでくださったもので、パンジャブ地方では女の子が手刺繍を施し、出来上がる頃に縁談がまとまって、嫁入りのときに持って行くのだそうです。

ICCRでカタック漬けだった2年間。もちろんそれ以前にも以後にも渡印はしていますが、あれだけみっちりとトレーニングに励めた時間は特別でした。
自分の不甲斐なさに悔し涙を流し、友達と頬が筋肉痛になるまで笑い、全力で生きてた時間を思い出します。それらがすべて今の自分の血肉になっているんだなあ。

師匠のクムディニ・ラキア先生が「思った道を思い切りやりなさい!」と笑顔で背中を押してくれた大切な言葉を胸に、これからも頑張ります。

皆さんいつもありがとうございます!

レクチャー公演開催のおしらせ 5/12

今年も開催します!カタック レクチャー公演!

場所は昨年と同じ、横浜中華街にあるシルクロード舞踏館です。
演者と客席の手が届く距離感で、目の前で「意味のある踊り、意味のない踊り」の違いを見比べていただきます。

演目の合間には皆さんからの質問、疑問にどんどんお答えします!
演目に関する質問も、演目には関連がないけれど気になっていたことも、私にお答えできる範囲で何でもお伝えしたいと思います。
「こんなこと聞いたら恥ずかしいかも」と心配する必要はありません!私も皆さんがどんなところを疑問に感じるのか知る機会でもありますので、ぜひ何でも聞いてくださいね。

●カタック レクチャー公演
5/12(日曜)
横浜中華街 シルクロード舞踏館
https://www.amina-co.jp/service/silkroad

14:10 開場、14:30 開演
入場 3000円

お問合せはフォームをご利用ください。
皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

Nritya Angan 2024年の希望的観測

2024年もあっという間に3月になりました!皆さんいかがお過ごしでしょうか。

Nritya Angan川崎教室も少しずつ仲間が増えて、より賑やかになってきました。
経験者から初心者までが一緒になっての練習は、指導者としては大変なこともありますが、お互いに良い刺激を受けながらの楽しい時間になっている…はず!

先輩たちは改めて基礎を振り返り、後輩を支えることで新しい視点に気付くことも多いですし、後輩たちは先輩が颯爽と踊る姿に後押しされて上達が早い気がします。
私自身も初心者の頃は素敵な先輩方に憧れて「私もあんな風に踊りたい!」と追いつきたい一心で練習したのを覚えています。後輩がたくさんできてからは練習を見てあげたり、その過程でどう伝えたら分かりやすいか、基礎の振り返りなどについて考えるようになりました。
もちろん今でも素敵なダンサーさんには憧れますし、基礎の大切さは変わっていません。ひとつひとつの積み重ねを自分の生徒さんに伝えていけるのは嬉しくも責任重大だなあと感じます。

そしてよみうりカルチャー教室はダンスが初めてのかたが多く、また違う雰囲気でゆったりと進めています。真面目になり過ぎないように、楽しく体を動かす時間となるように心がけています。
月に2回だけの講座ですが、皆さんがレッスン中にふと見せる笑顔がとても嬉しいです!4月期も賑やかになるといいな~と思っています。

さて私の公演活動としては、昨年開催した「なんでも質問していいレクチャー公演」の第二弾をやりたいなと思っています。
メインテーマを決めて演目をいくつかご覧いただく予定ですが、質問は演目に関連していなくても構いません。見て疑問に思ったこと、前から不思議に思ってたこと、カタックやインドに関するあれこれ等…私にお答えできる範囲であれば何でもお伝えするつもりです。
現時点では5月の連休後あたりで検討しています。詳細が決まり次第お知らせしますので、「こんなこと聞いたら恥ずかしいかも」などと考えずにぜひ質問してくださいね!

よみうりカルチャー 体験受付中です!

よみうりカルチャー川崎教室が1月からスタートしています!

事前体験会から参加してくださっている生徒さんに加えて、新たに体験のお問合せもきているようです。興味を持ってくださりありがとうございます!

先日カルチャーセンターの担当さんから、合同発表会開催のお知らせをいただきました。
よみうりカルチャーは川崎のほかにも、荻窪、恵比寿、横浜、大森、柏などなど10か所以上のセンターがあり、各センターで文化教養スポーツなど様々な講座が開催されていています。その各センターのダンス教室が合同で行う発表会。コロナ禍を経て4年ぶりに開催されるそうです。

実は私のカタック初舞台はよみうりカルチャーの合同発表会でした(当時はダンシングフェアーというような名前だったと思います)
中島さち先生のご指導のもと、講座があった荻窪、町田、恵比寿の混成クラスでの出演でした。当時はまだ化粧もヘタで、ここでお見せできるような写真が無いのですが…なつかしいですね!
さすがに川崎の皆さんは1月に講座が始まったばかりですので、春の発表会への参加は難しいですが、来年以降の目標になるといいなと思います。

有難いことにNritya Angan教室も参加者が増え、少しずつ賑やかになってきました!
ときに和気藹々と、ときに颯爽と、カタックを通して皆さんと楽しい時間を過ごせたら嬉しいですね。

よみうりカルチャー、Nritya Anganともに体験受付中です。
どうぞお気軽にご参加ください!

よみうりカルチャー事前体験会 ご参加ありがとうございました!

12月26日火曜日、よみうりカルチャー川崎にて、1月からスターとするカタック講座の事前体験会が開催されました。
カルチャーセンター内には告知ポスターも貼っていただきありがとうございます!
(1月期講座のお知らせチラシにも新設講座として掲載してくださっています)

体験会にご参加の皆さんはダンスは初めてとの事で、少し緊張されていたでしょうか。体験用のグングルも巻いていただいて、体験時間はあっという間に終了。
アレもコレもお伝えしたい!と簡単な説明も挟みながら進めたので、少し盛りだくさん過ぎて混乱させてしまったかも…と反省しています。

有難いことに1月からの本講座も正式にスタートが決まりました!
随時体験も受付けますので、ぜひお気軽に覗きに来てくださいね。

講座は1月9日より、第2・4火曜日 19時からです。
日程詳細やお問合せは、よみうりカルチャー川崎へお願いいたします。

そしてもうひとつお知らせ。
11月に行ったNritya Anganカタック公演のダイジェスト動画をYoutubeチャンネルにアップしました!
3分程度の短い動画ですが、GakAzさんがかっこよく編集してくださいましたので、どうぞご覧ください。

上記の埋め込み動画がうまく表示されない場合はこちらのリンクからご覧ください。
https://youtu.be/uJbH-5AbhOc?si=UsDJPgV5QFydp_U8

【新講座】よみうりカルチャー川崎

新講座開設のお知らせです!

2024年1月より、よみうりカルチャー川崎(川崎アトレ5F)にてカタック講座をスタートすることになりました!
スタートに先駆けて12/26に事前体験会が開催されます。ぜひお友達を誘ってご参加くださいね!
(写真はよみうりカルチャー モバイル版より)

実は私がカタックを習い始めたのは、当時恵比寿にあったよみうりカルチャーのカタック教室(中島さち先生)が最初です。学校帰りにお洒落な恵比寿駅で降りるドキドキと、当時のよみうりカルチャーのキャッチコピー「10年後はあなたが講師かもしれない」という言葉がとても印象に残っています。
それから20年以上が経ちようやく私も生徒を持つ身となりました。ありがたい御縁をいただいて、よみうりカルチャー川崎でカタック講師として務めさせていただくことになりました!

既に川崎でNritya Anganカタック教室を開催していますが、こちらは毎週土曜の午前中です。
よみうりカルチャー川崎は駅直結のアトレ内にあります。第2・4火曜の夜19:00からになりますので、土曜や毎週のレッスンが難しい、お仕事帰りに体を動かしてリフレッシュしたい方はぜひカルチャーをご利用ください。

24年1月からのスタートに先駆けて、12/26には事前体験会を行います!
ダンス初心者も歓迎です!お気軽にのぞきに来てくださいね~。

ご来場ありがとうございました 11/12

11月12日(日)Nritya Anganカタック公演が無事に終了いたしました。
ご来場の皆さま、共演のカネコテツヤさん、武藤景介さん、石田紫織さん、教室からの出演はYokoさん、Masakoさん、Annaさん。そして照明の早川さんをはじめお世話になっているアトリエ第Q藝術の皆さん。本当にありがとうございました!

12日はちょうどディワリだったそうですね。インドの大切な日に皆さんと楽しい時間を過ごせたことに感謝いたします。
普段はあまりインド芸能に馴染みのない方も多くご来場いただき「インド芸能また見たい」「また聞きたい」というきっかけになれたら嬉しいですね。

この日の演目は3名の演奏家による音楽で豪華に始まりました。楽屋で聴いていた私も身が引き締まるような、気持ちが高まる素晴らしい演奏でした!
続いてNritya Angan教室生徒によるコンポジションは、私自身もKadambでのジュニア時代から教わってきたアイテムの数々をアレンジしてみました。皆さん可愛らしかったですね!Kadambのクラスメイトや先生がたにも見ていただきたいな~。

そして、メインの演目となったダマール(5.2.3.4の14拍子のことです)
一般的には私自身が習ったコンポジションを演奏家に伝えて演奏してもらうのが常ですが、このダマールに関してはすべてカネコテツヤさんのパカーワジのリズムに私が振付をした逆の構成。まったく新しく創作した演目になります。

慣れ親しんだカタックの「踊るためのリズム」と、パカーワジの「音そのものを聞かせるためのリズム」の違いに悩みながらの振付は、まったく新しいチャレンジとなりました!
速いリズムにも合うように、かつ他のコンポジションと同じような動きにならないように。更にインドのレスリング「クシュティ」をモチーフにしたコンポジションには太極拳の動きを取り入れてみたりと、試行錯誤したダマールはお陰様で多くのかたから好評をいただいています。ありがとうございます!
カネコさんも大切なコンポジションを私に託してくださりありがとうございます。

そしてフィナーレのタラナ。これも初めてのインド生活から、かれこれ10年以上もアレンジを加えながら踊り続けています。
このタラナは習った時に「一期一会」に相当するような呼び名を付けてもらっています。私がカタックを習い始めて20年…25年以上、インドへ行くようになってあっという間に10年以上が経ちました。カタックを通して出会った先生方、先輩方、友人たち、支えてくださる皆さん。すべての人へ、心より感謝をこめて。

ありがとうございました。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。