Nritya Angan

Nao Tsutsumi official web site

Nritya Angan

出演のおしらせ 8月

難しい毎日が続いていますが、みなさんお元気に過ごされていると思います。
今日は2つ出演のお知らせです。

8/15(土)20:55より(インド時間17:25)
インドのThe Lasyaが主宰するSANGAMAMにインスタグラムのストリーミングで出演いたします。

インドではKrishna Janmashtami(クリシュナ神の誕生日)、独立記念日(日本では終戦記念日ですね)、Ganesh Chaturthi(ガネーシャ神の誕生日)とお祝いが続くこの季節を祝ってオンラインでのダンスフェスティバルが開催されることになりました。
有難いことに私も出演のお話をいただき、日本からクリシュナ神のエピソードを踊らせていただきます。

視聴はThe Lasyaのインスタグラムアカウントhttps://instagram.com/thelasya?igshid=c5l40v98w4t1 よりどうぞ。

もうひとつは久しぶりの日本での公演です。

8/28(金)Dance Vision 2020 プラス配信
いつもいつもお世話になっている成城学園前のアトリエ第Q藝術にて、毎年開催されているDanceVisionは私も2018年に参加させていただいています。
今年はこの状況のためYoutubeでのオンライン配信をメインに開催されることになりました。

私は8/28(金)にシタール奏者のヨシダダイキチさんと出演いたします。
当日は限定で10席だけ設ける予定です。どうぞマスク着用でお越しくださいね。

配信は無料ですが、応援チケットにご協力いただけると大変嬉しいです。収益はアトリエQの運営にも充てられますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

配信はこちらから  https://youtu.be/OenuZ7-TcPo
Dance Vision2020 詳細はこちらから  https://www.seijoatelierq.com/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B32020

どうぞお楽しみに。

カタック教室はじまります!

7/15追記 
東京・神奈川での新型コロナウイルス感染拡大にともない、7/18(土)開催予定だった体験教室を中止させていただきます。
体験会は小規模ですが、皆さんが電車で来てくださることを考えて、念のため安全を優先することにしました。25日については改めてお知らせいたします。

いよいよ私もカタック教室をスタートさせることにしました!

コロナ禍の大変な時期のため様々な悩みや迷いがあり、どれだけの方に興味を持ってもらえるかも分かりません。
ですがこのタイミングだからこその御縁もあって8月から開始いたします。

まだインドに滞在していた3月半ば頃から、現地でも徐々に感染が広がり、ある日突然先生方や友人たちと顔を合わせる事ができなくなってしまった驚き。帰国の手段を失い、外国人として身の安全を守るために家から出ることもできなくなってしまった日々。幸運にも帰国できたものの、外を出歩く日本の人々に不安を覚えてまた家に閉じ籠ってしまったり。
そんな不安な毎日を支えてくれたのはカタックであり、カタックを通して出会った皆さんでした。

インドからも日本からも、様々な形でのコラボレーションや映像作品のお誘いをたくさんいただきました。現在も新しいプロジェクトのお話をいただき構成を考えているところです。
皆さんがかけてくださった声のひとつひとつが、私に元気をくれました。本当にありがとうございます。

今回だけでなく、これまでにもお伝えしたい感謝とお返ししたい御礼がたくさんありました。
私は大そうなことはできないのですが、カタックの輪を日本でももっと広げていきたいという気持ちと合わさって教室をスタートさせることにしました。

中島さち先生とクムディニ・ラキア先生、そして先輩方や仲間から教えていただき研鑽を続けているラクノウ流派のカタックに、楊玲奈先生から教えていただいた楊名時先生の太極拳の動きを取り入れて、私が普段試行錯誤しながら実践しているスタイルを練習していく予定です。
太極拳の動きは舞踊に応用できる要素がたくさんあります!無理の無い動きで体幹と呼吸を整えながら、ぜひ一緒に格好良いカタックを踊ってまいりましょう。

教室は8/1(土)より。
毎週土曜日10:00~12:00の時間帯で行います。
川崎のスタジオ詳細と、レッスン費用等はlessonをご確認ください。

またスタートに先駆けて体験教室を開催します。
7/18(土)、7/25(土)10:00より。こちらも詳細はlessonにて。
(マスク着用と手指消毒等のご協力をお願いいたします)


川崎のShow Buzz Studioでは換気用の新しい換気扇を導入したそうです。
元気にタタカールを踏んでも大丈夫なスタジオですので、ぜひご参加くださいね!


—-
話は変わりますが、先日Saudha Artsさんよりお誘いいただき、Facebookでのオンラインセッションに出演しました。
日本とインド、イギリス、フランスをオンラインで繋いだトークとパフォーマンスの配信でした。
久しぶりの英語に緊張しつつ(もともと得意ではありません…)自宅から何曲か踊らせていただいたのですが、なんと共演者が接続不良で途中脱落するというアクシデントが発生。2時間のほぼ全編を冷や汗をかきながら務めさせていただきました。


日本時間では夜中の配信でしたが、オンタイムで見てくださった皆さんありがとうございます!なかなか貴重な体験でした!
(配信の模様はSandha Artsのアカウントからご覧いただけます)

帰国しました。

Krishna Kamal at Guruji’s garden.

インドより無事に帰国しましたのでご報告いたします。

地方の農村部も含めたインド全域でのロックダウンの影響により、帰国の手段を失っていましたが、多くの方の御助力をいただき臨時運行のANA便に搭乗できました。
JETRO丸崎様、ムンバイ総領事館の皆様、在デリー大使館の皆様、アーメダバード日本人会の皆様、逐一情報を送ってくださった仲さん(素敵なダンサーさんでもあります)と川根さん。心細いなか情報交換とたわいもないお喋りで励ましあったインド各地の友人たち。
そして私を心配して保護してくださったグルジとファミリーの皆さん。
皆さんのお力添え無しでは帰国は叶いませんでした。本当にありがとうございます。

インドではロックダウンの延長が発表され、引き続き国際・国内線飛行機はもちろん、鉄道やバスが運休しています。
市内の移動でさえ警察や州政府の移動許可証が必要となるほどです。
(帰国の様子はfacebookに載せていますので、興味のある方はご覧ください)
そんなインドから帰国してきて、日本の皆さんが出勤したり、お子さんを連れて散歩している様子はなんだか不思議に感じられます。

どうぞ皆様、気をつけてお過ごしください。活気ある毎日が早く戻ってきますように。

さてインドでのロックダウン中は外出することができませんでしたので、私はグルジのお宅で練習したり、お掃除を手伝ったり、のんびりと過ごしていました。
冒頭のお花はお庭に咲いていたお花を「Krishna Kamalというお花だよ。花びらや蕊の数などがクリシュナを現しているんだよ」とグルジであるクミベンが教えてくださったときの写真です。(Kamalは花(蓮)の意味です)
非常時ではありましたが、それゆえに過ごせた貴重な時間でした。

kadambの面々は練習動画をSNSにアップしたり、シニアのメンバーが出した課題に皆でチャレンジしたり。ひとつのボルをもとに各々が自由に創作する課題は、皆の個性が現れてまったく違う作品が仕上がり面白かったです!
下記はそのひとつ。Panjab Gharanaの有名なボルから創作したバリエーションです。(kadambのinstagramから他のメンバーの創作も見られます)

また誕生日を迎えたメンバーにはサプライズで動画を作成したりと、家にいてもできることを試行錯誤しながら過ごしていました。
早く皆に再会できますように。
そしてまだ帰国できない友人たちが無事に帰ってこられますように。

アーメダバードより

With guru P.b. kumudini Lakhia and my friend Mansi

(iphoneから投稿しています。見辛かったら申し訳ないです)

本来の予定であれば、今週の飛行機で日本へ帰国するはずでした。コロナウイルスの影響で帰国便が欠航になり、滞在を延長しています。

移動の制限や、国際線の減便・着陸停止、外国人への差別の話も聞き、不安が無いとは言い切れませんが、私は安全に過ごしていますのでどうぞご心配なく。

できれば4月中には帰りたいのですが、飛行機とぶかな…?

写真はカダンブ休校前に開催されたshow caseから。同じくシニア生徒のMansiとカタックフュージョンの創作に挑戦しました!

ほんの数分の短い作品ですが、2人でアイデアを出し合い過ごした時間はとても貴重な経験となりました。そしてグルジであるクミベンの世界観の壮大さや美しさ、ユーモアを改めて感じる事となりました!

KADAMB公演 YUGANTAR

2月4日と5日の2日間にかけて、アーメダバードにてKADAMBの公演が行われました。
師匠であるKumudini Lakhia先生の90歳と、教え始めて60年をお祝いする一大イベントはYUGANTARと名付けられ、100名を超えるKADAMBの子供たち、シニア生徒とデリーから来てくれるお馴染みのボーイズチーム、5名のミュージシャン、そしてゲスト出演は以前KADAMBでも学んでいた世界的ダンサーのAditi Mangaldasと、力強くクリーンな踊りが魅力的なGauri Diwakarのお2人。
なんとも豪華な強力なメンバーが集まり、1000人規模の会場はあっという間にチケットが売り切れるほどでした。

この記念すべき公演に、私もシニア生徒の一員として出演させていただきました。
初日のオープニング作品DHABKARは、50年前にクミベンが初めてコンテンポラリーカタックの制作に取り組んだという演目。
公演にはオリジナルのDHABKARを踊った大先輩がたも見に来てくださり、改めてKADAMBが歩んできた歴史を感じた貴重な機会となりました!

TEAM DHABKAR 2020!

そしてもうひとつは、先生方が颯爽と踊る姿に憧れていつか挑戦したいと思っていた赤い衣装のTARANAです。
ゆったりとした優雅な始まりからモダンな要素を取り入れたダイナミックなフィナーレまで、KADAMBのエッセンスを凝縮したかのようなユニークな構成は日本の皆さんにもぜひ見てもらいたい作品です!

公演タイトルのYUGANTARは「新しい世代に受け継いでいく」という意味だそうです。
最初に子供たちのリハーサルを見たとき、なぜだかとても嬉しくて胸がいっぱいになってしまい涙があふれてきました。
後で言葉に込められた意味を聞いて腑に落ちて、うまく言葉で表せない感情でまた胸がいっぱいになりました。
私自身も日印双方で多くの先生がた、先輩がたから沢山のものを受け取り、いま自分にも後輩たちがいて伝えられることがある。
その大きな流れのなかに自分も存在していること、普段は日本にいる私を仲間として迎えてくれることを本当に嬉しく、有難く、そして誇りに思います。

クミベンを中心に、シニアとデリーボーイズ、ミュージシャン、ゲストとカダンブチーム
(昨年来日したモヒットもいます。探してみてくださいね)
師匠クムディニ・ラキア先生と。
素敵なビンテージサリーをいただきました。

いまKADAMBでは次の公演を控えたメンバーが、毎日夜遅くまでリハーサルを続けています。
私も数年前から毎年オファーをいただいていたフェスティバルに、今年初めて参加することになりました。
頭を切り替えて、また頑張ってまいります!

2/16 Gandhinagar, 2/17 Varoda,Gujarat
もしこちらに来る予定がありましたら、ぜひお越しくださいね。

デリー公演 12/26

12/26 India International Centreにて、デリーでの初ソロ舞台を無事に終了いたしました。
日本ではすっかりベテランと言われる年数が経ちましたが、インドではまだまだ未熟な踊り手である私が、デリーの観客の前に立つ緊張感。現地でたくさんの友人たちに支えられながら無事に終演しました。
これまでずっと基礎からしっかりと教えてくださった中島さち先生(お陰様で、よく「ナオのダンスはとてもクリーンだ!」と褒めていただきます)その基礎のうえに更なる表現の世界へと導いてくださったクムディニ・ラキア先生。
日印双方の先輩がたと仲間たち。本当にありがとうございます!

この企画に声をかけてくれた親友Richa Guptaと、写真を撮ってくれたRaful Naagもどうもありがとう!Rafulはなんと撮影した写真から動画も作成してくれました。衣装の色と相まって、まるで夜空に浮かぶランタンのようです。
ギャラリーにも彼の写真を掲載しますので、ぜひご覧くださいね。

さて私は厳冬のデリーからアーメダバードへと移動してきました。
これから懐かしい面々と再会する予定ですが、果たしてどんな2020年を迎えることやら?

来年も素敵な日々が過ごせますように!どうぞ宜しくお願いいたします!

 

ご挨拶と年末の出演予定

Pt.Vijay Shankar 追悼公演

ご報告が遅くなりましたが、11/29ビジェ先生の追悼公演が無事に終了いたしました。
日本のカタックを長く支えてくださったビジェ先生。その教えを受け継ぎ、流れを汲む日本の踊り手が集合して、ビジェ先生がのこしてくださった美しいカタックとその作品を中心に上演いたしました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

偉大な先輩がた、そして更に次の世代のフレッシュな顔ぶれと賑やかな一日となりました。
この公演で久しぶりに舞台に立った人、この公演のあと少し離れてしまう人、立場は皆さんそれぞれですが、それぞれの形でカタックの素晴らしさや愛情を確認する機会となったようです。
私も気持ちを新たにして、また次のステージへ進めるよう努めてまいります。どうぞ宜しくお願いいたします。

そして、年末には今年最後の出演予定。
12/26(木)デリーのINDIA INTERNATIONAL CENTREにて、7月に来日して一緒に公演を行ったRICHA GUPTAの招待により出演いたします。
その後はアーメダバードに移動して3月中旬頃まで滞在の予定です。

2019年も最初から最後までいろんな方に、いろんな形のサポートと素敵なものをたくさんいただきました!ありがとうございます!
2020年も笑顔にあふれた素敵な時間を共に過ごせますように!

Mohit Shridhar 初来日ツアーへのご参加ありがとうございました!

10/5 横浜にぎわい座のげシャーレにて

インド大使館でのガンディ生誕祭から始まったMohit Shridharの初来日ツアー。
すべての日程を終えて、14日のエアインディアでデリーへと無事に戻りましたのでご報告です。

私にとっては大きなチャレンジだったこの企画、たくさんの方に色んな形で助けていただき、東京、横浜、神戸の各地でたくさんの方にお会いすることができました。本当にありがとうございました!

私1人では決してやり遂げることはできず、興味を持って来てくださる皆さんがいなかったら興業として成り立たず、かつ古典芸能の気高さは持ち続けたい。いろんな気持ちが大きくなりすぎて感謝の言葉がうまく表せない状態です。

その中でもまず最初に御礼をお伝えしなくてはならないのが金子延康さん。まだ企画がぼんやりした初期の段階から、きめ細やかで強力なサポートを常にいただいてきました。本当にありがとうございます。
フライヤーデザインから音響、ワークショップではタブラサポートと縦横無尽の活躍を見せてくれた石田紫織さん。このデザインのおかげで興味を持ってくださった方も多かったです。多才な彼女にはいつも助けられています。

横浜公演で写真を撮ってくださったのは、アーメダバード時代からお世話になっている東井学さんと、静も動も魅力的に撮ってくださる齋藤元成さん。お2人の写真は微妙にタッチが異なるので本当に楽しみにしていました。後ほどアップする予定です。
照明はキッドアイラックの時からお世話になっているアトリエ第Q藝術 早川誠司さん。いつも曖昧で適当な指示にも関わらず、素敵な空間を創りあげてしまう手腕にはMohitも大感激でした。(もしかしたら私に頼りにされているのはありがた迷惑かもしれません。いつもありがとうございます!)

神戸での活動を全面的にバックアップしてくれたのは、永遠の憧れの先輩である宮川京子さん。京子さんがいなかったら神戸行きは実現しませんでした。本当にありがとうございます!

いつも応援してくださるDICの皆さん、お手伝いを引き受けてくれた栗原香織さん、平本ちやさん、岡埜桂子さん。素敵な機会を与えてくださったインド大使館の皆さん。すっかりやられた私に癒しをくれる飯田キカさん。見に来てくださった皆さんと、ワークショップ参加してくださった皆さん。応援してくださった皆さんと、嵐のようなインド人に巻き込まれたうちの家族。そしてもちろん、忙しい合間を縫って日本行きを決めてくれたMohit Shridharに本当にどうもありがとう。

途中体調不良や台風によるワークショップ中止など、ご迷惑をお掛けした皆さんには申し訳ありませんでした。
幸い多くの方から、もっと見たい!また来てほしい!というお声をいただいています。近いうちに、より充実した内容で再びお会いできるよう準備してまいりますので、その際はどうぞ宜しくお願いいたします。

堤菜穂

ご来場ありがとうございました!

Mohit Shridhar WS中止のおしらせ

【重要】台風接近にともなうWS中止のおしらせ

10/12(土)東京で開催予定のワークショップ
WS-2 カタックベーシック、WS-3 カタック以外のダンサー向けクラスにつきまして。
台風接近にともない開催を中止させていただくことに致しました。

参加を楽しみにしてくださっていた多くの皆様、お問合せくださった皆様には非常に残念なお知らせとなってしまい申し訳ありません。
Mohit Shridhar本人も皆様にお会いできるのを楽しみにしておりましたが、話し合いの結果、皆様の安全を最優先に考えたいとの決定に至りました。
また翌日も公共交通機関が通常運行されない可能性を考え、振替も予定しておりません。

既に参加費をお支払いいただいている方には返金いたします。
お手数ですが返金先口座をお知らせくださいますようお願い致します。

今回は天候の影響により残念な結果となってしまいましたが、横浜公演、神戸ワークショップ後は、多くの方から本当に力強く励まされるお言葉をいただきました。
サポートしてくださった多くの皆さまも本当にありがとうございます。
改めて御礼をお伝えしたいと考えておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

Nritya Angan 堤菜穂

Mohit Shridhar ツアー開始!

Mohit Shridhar初来日ツアー
10/2にインド大使館でのマハトマ・ガンディ生誕150年祭からスタートしました!
カタックのパフォーマンス時は、舞台上から立ち見のお客様が見えるほど盛況で有難いことです。

続いて、私も所属するDICのバジャン合唱も、皆さんの熱意とご支援により無事に終了いたしました。
笑顔のあふれる素敵な1日となりました。ありがとうございます。

そして4日はワークショップ第一弾。
ジャイプル流派特有の、両手を左右に広げるチャッカール(旋回)もあり、私も大興奮の時間を過ごしました。
(皆さんのサポートをする役目があるのに申し訳ない…)

詳細はまた改めてレポートしたいと思います!
どこかの会場で皆さんとお会いできますように!